厚着をしても

期待する

手先が冷えてしまってどうしても寒い、と厚着をするも、既に冷えてしまった手先が熱を取り戻すことはなく、どれほど着込んでも寒くて寒くてしょうがない、と毎年冷え性に悩まされているという人は少なくありません。
それもそのはず、血流などが悪くなってしまうといくら厚着をしたところでそこまで血が巡らず、暖かくなることなどありませんから、何の対策にもなりません。
それでは一体どうすれば冷え性を改善できるのか?というと、根本的な問題である血流の悪さを何とかしなくてはなりません。
そのためには運動量を増やしたり、お風呂に入るなどが一般的ですが、中々続かなかったり、一時的な解決策では何とも身が入らないということもあるかと思います。
そこでおすすめなのは、体を芯から温めて血行を良くしてくれるお茶を生活に取り入れる、と言うものです。
お茶なら普段から飲んでいる、と言われるかもしれませんが、お茶なら何でも良いというわけではないのがポイントです。
ここではお茶による冷え性の改善について、もう少し詳しくお話ししていきます。

暖かければ良いは間違い

普段から冷え性を改善するためにお茶を飲んでいる、しかもホットで、と言う人は少なくないかと思います。
ですが、暖かいお茶であれば何でも体を暖めるかというと、それは大間違いです。
暖かいお茶であっても、結果的に体を冷やしてしまうというものは少なくなく、そういったものはいくら飲んでも改善にはつながりません。
具体的に言うと緑茶や抹茶と言ったものは暖かくても体を冷やすので、冷え性の人にはNGだと言って良いでしょう。
お茶以外だとコーヒー、牛乳、豆乳、ジュースにビール、ウィスキーなども体を冷やすのであまりお勧めできません。
一方でジンジャーティーやプーアル茶、ルイボスティーなどは体を温めてくれるので非常におすすめです。
この暖めるものと冷やすものの違いはなにかというと、カフェインの有無、そして発酵している茶葉どうかという点です。
暖かくても発酵していない、色の薄い緑茶や抹茶は体を冷やしてしまうので、飲むだけ逆効果なのです。
改善を目指すのであれば是非、ホットでもコールドでも体を温めてくれる作用のあるものを選びましょう。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031